続 夏目友人帳

妖を見ることができる少年・夏目貴志と、招き猫の姿をした妖・ニャンコ先生とが繰り広げる、妖しく、切なく、懐かしい 感涙のあやかし譚。

妖を目に映すことができた夏目レイコは、妖たちに勝負を挑み、隷属させる証として名前を書かせたという。
その契約書の束「友人帳」を手にした孫の夏目貴志もまた、レイコの力を受け継ぎ、人にあらざるものを見ることができた。
用心棒である妖怪・ニャンコ先生の力を借り、妖たちに名前を返していくことを決めた夏目。
人の心、妖たちの想いをわかり始めた夏目の元には、さまざまな妖が集い始め…。

関連するタグ

スタッフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加