00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第195話

「バスターズトレジャー編 #15 インディVSハイテク」「妖怪乙姫」「ラストブシニャンの文化の日」

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「バスターズトレジャー編 #15 インディVSハイテク」
大大大冒険家のインディ・J(ジョーズ)とジバニャン、コマさんは、宝箱を発見。罠が仕掛けられていないと判断したインディが宝箱を開けようとすると、そこへ「ハイテク野郎Aチーム」と名乗る、うんちく魔、ロボニャンF型、ヒキコウモリが現れた!科学的分析でいくつもの遺跡を攻略してきたという、ハイテク野郎Aチーム。彼らの分析によると、インディが見つけた宝箱の罠にかかる確率は100%だという。実際にインディが宝箱を開けると、本当に罠が!さらに分析を進める、ハイテク野郎Aチーム。果たして先にお宝を見つけるのはインディか?ハイテクか!!
「妖怪乙姫」
今日はなぜか、いろいろな人におもてなしをされるケータ。給食の時間にはクマとカンチがケータを“お客様”と呼び、レストランさながらの給仕をするほどだ。「絶対おかしい!」と感じたケータが妖怪ウォッチで辺りを照らしてみると、そこにはレジェンド妖怪“乙姫”が!乙姫にとり憑かれると、こちらが緊張するほどおもてなしされてしまうのだ。ケータやジバニャン、ウィスパーも、乙姫からのおもてなしに大喜び。そんな乙姫は、自分のおもてなしを喜んでくれなかった妖怪・ウラシマニャンを探しにやってきたという。ジバニャンがウラシマニャンを連れて来ると、ウラシマニャンは乙姫を見た途端に怯え出して…?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加