00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第193話

「バスターズトレジャー編 #14 ハロウィンガブガブ遺跡」「トムニャンのトリック・オア・トリックだミャウ!」

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「バスターズトレジャー編 #14 ハロウィンガブガブ遺跡」
次なる秘宝妖怪を求めて、インディ・J(ジョーズ)たちはハロウィンガブガブ遺跡へやってきた!そこはジャック・オ・ランタンのような形の遺跡。ちょっとワクワクしながら進もうとするジバニャンたちにインディは、「冒険はトリック・オア・トリートじゃない!デッド・オア・アライブだ!」と厳しく言い放つ。一同が中へと進んでいくと、「ハロウィンガブガブカフェ」と書かれた看板を発見。扉を開けてみると、そこはダンジョンとは思えない、至れり尽くせりな状況になっていて…!?

「トムニャンのトリック・オア・トリックだミャウ!」
ケータは、ハロウィンパーティーに着て行く仮装をまだ決められずにいた。「ハロウィンといえばUSA!」というウィスパーの発言に触発されたケータは、本場のハロウィンを教えてもらうために、お隣のジェリーの家を訪ねる。するとジェリーは大量にお菓子を作っており、トムニャンは血眼になって庭でいたずらの準備をしていた。本場のハロウィンはこんなに気合いを入れるものなのかとケータが驚いていると、トムニャンが「今年は妖怪ハロウィンがある」と言う。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加