00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第7χ

ちいΨ王様君臨 ほか

HDレンタル200

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「犬派か猫派か?」というよくある質問は、楠雄にとっては「どうでもいい」ものだった。なぜならば愛らしい容姿の犬や猫も、『透視』によって骨にしか見えない。また「犬は賢そう」「猫は甘えてくる」というようなイメージも、『テレパシー』で動物の心の中が分かるため、それが人間の勝手な思い込みであることを知っているからだ。そんな楠雄が、建物と建物の間に挟まって身動きの取れなくなった猫に遭遇して!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加