00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第2話

稲妻と雷鳴

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

カフェで穏やかに過ごす上利と茸丸。ふと店内を見回すと、常連客の泰雅と誠司が目に入る。真面目に仕事をしているところ、泰雅にちょっかいをかけられて煙たがりつつもまんざらでない誠司。そのやりとりを見て妄想を膨らませる上利と茸丸は、2人の様子を落語の演題『宮戸川』に重ねる――。

・『宮戸川』とは
『宮戸川』とは幼馴染の馴れ初めを描いた、滑稽な艶話。
ある日、帰るのが遅くなった男は、家から締め出しを食らってしまう。
そして向かいの家でも同じように締め出された幼馴染の女が。
男は、近くに住むおじさんの家で一晩過ごそうとするが一緒に連れて行ってくれと女にせがまれる。うぶな男と遠慮のない幼馴染。2人はそれから……。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加