00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第250話

その男・朽木家ゆえに…

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

遡って数百年前…。瀞霊廷では死神による反乱が起きていた。事態を重くみた白哉の祖父・朽木銀嶺、そして朽木家に婿養子として新たに加わった朽木響河は、反乱分子の制圧に乗り出す。響河は自身の斬魄刀・村正の能力を使い、次々と反乱分子の死神を倒していく。その強さは死神たちの間で噂となり、ついには元柳斎から直接声をかけてもらうまでになった。だがただひとり、銀嶺だけが単独で戦いに出た響河を厳しく諭す。功績を認めようとしない銀嶺に苛立つ響河は…。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加