00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第210話

ひよ里死す?悲劇の始まり

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

六車拳西と久南白の霊圧の反応が消えた。瀞霊廷はこれを最悪の事態と判断する。そしてひよ里を九番隊に行かせていた浦原が、ひよ里がまだ戻ってこないことを心配し自分を現地に行かせて欲しいと名乗り出る。だが、元柳斎はそれを許さず、三番隊隊長「鳳橋楼十郎(おおとりばし ろうじゅうろう)」、五番隊隊長「平子真子」、七番隊隊長「愛川羅武(あいかわ らぶ)」を現地に行かせることを決定。更に、鬼道衆(きどうしゅう)副鬼道長「有昭田鉢玄(うしょうだ はちげん)」と八番隊副隊長「矢胴丸(やどうまる)リサ」が加わった。急ぎ、現地へと向かった平子たち。そこでは既に、最悪の事態が待ち構えていた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加