00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第209話

六車九番隊、出動せよ

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

浦原喜助が十二番隊隊長に就任してから数年後。「流魂街(るこんがい)」では、住人たちが衣服だけ残して跡形もなく消えてしまうという怪事件が発生していた。その噂は死神たちの間にも広まり、「瀞霊廷(せいれいてい)」にも不穏な空気が漂っていた。九番隊隊長「六車拳西(むぐるま けんせい)」は、副隊長「久南白(くな ましろ)」のわがままに悩まされながらも事件の原因を調査していた。その時、「虚(ホロウ)」の足音と子どもたちの悲鳴が聞こえてきた。虚に追われ、逃げまどう子どもたち。助けようとする拳西だったが…。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加