00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第207話

十二番隊新隊長、浦原喜助

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

昇進した十二番隊隊長「曳舟(ひきふね)」の代わりに新しく十二番隊隊長に就任したのは、「浦原喜助」だった。その頼りない風貌と態度に、当時十二番隊副隊長に就いていた「猿柿ひよ里(さるがき ひより)」は不満を隠せない。浦原が来てからというものの、隊の中にどこかのほほんとした空気が漂いはじめたのも許せない。浦原が隠密機動である二番隊出身であったことも相まって、ひよ里はことある度に浦原に突っかかっていた。浦原は、そんなひよ里と浦原なりに信頼関係をなんとか築こうとするが…。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加