00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第10話

「こだいのボタンとうじょう!」「さんかんびだいさくせん!」

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「こだいのボタンとうじょう!」
ある日、怪しげなおじさんに出会ったマコトとゴンじろーは、おじさんが去った後、豪華な装飾が施されたボタンを拾う。そのボタンをゴンじろーに付けるとたちまち毛質に変化が起きムキムキに!力持ちな特性を活かし、日常の不便から隕石の処理まで解決していくゴンじろー。そんな中、再びあの怪しいおじさんが現れる!彼はボタン歴史美術館の館長・タイゾー。ゴンじろーが『こだいのボタン』を渡すにふさわしいかを確かめていたという。はたして『こだいのボタン』とは?そしてタイゾーの目的は……!?

「さんかんびだいさくせん!」
明日は授業参観日。お母さんが毎回恥ずかしいくらいにゴージャスな格好で授業参観に来るため、とても憂鬱なマコト。そんなマコトがほっとけないゴンじろーは、参観日当日、マコトと共謀しお母さんを学校に来させない作戦を決行!しかし、作戦はことごとく失敗し、お母さんはどんどん学校に近づいてくる。ついに最後の作戦に出たゴンじろー、うまくいったはずだったが・・・思わぬ結果に?!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加