00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第3話

散歩しなイカ!?/体操しなイカ!?/助けなイカ!?

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「散歩しなイカ!?」
今日はイカ娘が家にやってくると、うきうきしている早苗をみて面白くないアレックスはイカ娘が来た途端、足に噛み付いてしまう。そんなやり取りを見て、イカ娘にアレックスと散歩に行くことをすすめる栄子だった。
「体操しなイカ!?」
ある早朝にイカ娘が海岸を歩いていると、子供たちがやってきて一箇所に集まり奇妙な音楽と共にいっせいに同じ動きをしだした。これはもしかしたら何かの儀式か洗脳に違いないと思いながらもその動きが頭から離れられなくなってしまう。
「助けなイカ!?」
たけるのあそんでいたボールが沖の方へ行ってしまい、それを浜辺から触手でひょいと簡単に引き上げるイカ娘の様子を見て悟郎は、「ライフセーバーをやってみないか」とイカ娘に持ちかける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加