00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第10話

てるてる坊主じゃなイカ?/好かれなイカ?/野球しなイカ?

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「てるてる坊主じゃなイカ?」
宿題の絵をスケッチしに出かける為、晴れを願っててるてる坊主を作っていたたける。せっかくならこの場で描いてしまおうということで、イカ娘はたけるのスケッチを手伝うと言い出した。自らもペンを取ったイカ娘が描いたイラストの出来栄えに一同は驚愕してしまう!?
「好かれなイカ?」
イカ娘に抱き付こうとして、激しく弾き飛ばされてしまう早苗の姿は日常風景となっていた。そんな早苗の病んだ行動を心配した栄子は、早苗にイカ娘断ちするよう促す。その方がイカ娘に気に入ってもらえるのならと早苗は奮起するが、それは想像を絶する苦行だった。
「野球しなイカ?」
清美が所属している野球部のピッチャーが練習試合を目前に体調を崩してしまった。イカ娘は急遽助っ人として試合に参加するのだが、ルールを知らないイカ娘は早速守備でミスをしてしまう。ミスに対して優しい言葉で励ます清美の振る舞いに感動したイカ娘は、イカの能力を発揮して!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加