00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第9話

ピンポンダッシュしなイカ?/メイクしなイカ?/秘密兵器じゃなイカ?

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「ピンポンダッシュしなイカ?」
いたずらで見知らぬ家のチャイムを押してしまったイカ娘。直ぐに逃げ去ろうとするのだが千鶴と鉢合せしてしまい、その間に家の人が出てきてしまう。友達を訪ねたふりをしてその場をごまかそうとするイカ娘だったが、そこに部活から帰ってきた清美が現れて絶体絶命に!
「メイクしなイカ?」
栄子からもらった口紅を千鶴に引いてもらったイカ娘は、自らの変貌ぶりに感動してそのままの姿でれもんのバイトをすることに。欲情した早苗の突進にもめげず、化粧に対する好奇心を抑えられないイカ娘は、様々なジャンルの化粧に挑戦してゆくのだが…。
「秘密兵器じゃなイカ?」
れもんにシンディの研究所から3バカトリオがやってきた。彼らは研究所から様々な発明品を持ち出してきたというが、その品々は胡散臭いものばかり。その内の1つ「侵略者の威厳が身に付く弾」を試そうとするイカ娘だったが、銃口から発射された光線によって!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加