00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第8話

病気じゃなイカ?/新能力じゃなイカ?/ささなイカ?

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「病気じゃなイカ?」
イカ娘が体調を崩して倒れてしまった。人間と同じ生活をしていた為、夏バテになったと見立てたれもんの一同はイカ娘に夏バテ対策を施すのだが一向に回復の兆しが見えない。高熱で完全に寝込んでしまったイカ娘から栄子が聞いた病名は、人間界には存在しない謎の奇病だった。その病気にかかるとエビが…。
「新能力じゃなイカ?」
たけるに指摘されて頭に備わっているヒレ状のピコピコが動くことに気がついたイカ娘。そのピコピコに秘められた能力が意味不明の為、れもんの一同は頭をひねる。攻撃用なのか水中コミュニケーション用なのか、はたまた空中飛行用なのか。結論は出ないまま…。
「ささなイカ?」
雨の中、買出しに付き合うことになったイカ娘は、栄子から借りたビニール傘に興味を示す。自らに似通った形状、雨粒をブロックするバリヤ機能。傘にただならぬ親近感を抱いたイカ娘は、調子に乗って傘を振り回して水滴を撒き散らすのだが、高機能の傘が目に留まり!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加