00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第4話

買わなイカ?/乗りこまなイカ?/ニセモノじゃなイカ?

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「買わなイカ?」
砂浜で財布を拾ったイカ娘は、持ち主からお礼として1万円を受け取った。お金の価値が全く分からないイカ娘は、渚に付き添ってもらい商店街へ買い物に出かけるが、何を買ったらよいのか分からず右往左往してしまう。結局、好物のエビを大量に買い込むことになったのだが、2人の買い物の様子を背後から早苗が覗き見していた・・・。
「乗りこまなイカ?」
れもんの営業時間終了後、イカ娘は相沢家へ一緒について行きたかったのだが、栄子に頑なに拒まれてしまう。仕方なく、イカ娘はれもんでテレビを観て過ごそうとするのたが、テレビが故障してしまう。暇を持て余し、侵略ごっこに興じるイカ娘は店の備品を持ち出して・・・。
「ニセモノじゃなイカ?」
となりの海岸の偵察にやって来たイカ娘と栄子は、ビキニ姿にイカ娘風の頭部を被ったニセイカ娘に遭遇する。口から黒い液体を垂れ流し、触手まで動くそのニセモノを作ったのは、海の家南風の店長だった。彼は本物とニセモノを交換してほしいと勝負を挑んでくるのだが・・・。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加