00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第3話

怖くなイカ?/天敵じゃなイカ?/新入りじゃなイカ?

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「怖くなイカ?」
テレビの恐怖番組を観ても全く怖がらないイカ娘は、本物の幽霊を見るまでその存在を信じないと言い張る。そこで栄子は幽霊の怖さをイカ娘に知らしめようと、夜のお墓での肝試しを企画する。悟郎と早苗も参加することになり、恐怖におののきながら夜のお墓を進んでいく一行。しかし、イカ娘だけは平然としたまま、ふらふらと一行の列からはぐれてしまう・・・。
「天敵じゃなイカ?」
たけると海水浴を楽しんでいたイカ娘は、天敵のシャチと遭遇する。そのシャチを手玉に取る人間たちの姿に衝撃を受けたイカ娘は、動転して一緒にいたたけるを溺れさせてしまう。溺れたたけるのために、悟郎とイカ娘が泳ぎを教えることになったのだが・・・。
「新入りじゃなイカ?」
海の家れもんに新人アルバイトの渚が加わることになった。海を愛するサーファーの渚は意欲満々で仕事に臨むが、挨拶に現れたイカ娘の姿を見て恐怖に怯えてしまう。自分のことを侵略者として見てくれる渚の様子に感激したイカ娘は悪乗りして・・・。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加