00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第2話

仲間じゃなイカ?/祝わなイカ?/遊ばなイカ?

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「仲間じゃなイカ?」
触手がつって溺れていたところをライフセイバーの悟郎に助けられたイカ娘。ライフセイバーが海を守る仕事だと聞いて親近感を覚えるイカ娘だったが、実際の彼の仕事は人類征服を目論むイカ娘が想像するものとは違っていた。仕事の足を引っ張ろうとするイカ娘を煙たがる悟郎に対して、仕返しを企むイカ娘の前にチャンスが訪れるのだが・・・。
「祝わなイカ?」
人間が誕生日を祝うことに興味を示したイカ娘は、自分の誕生日を勝手に決め付けて誕生パーティをしてほしいとねだり始めた。千鶴の好意で早速イカ娘の誕生パーティを開くことが決定し、準備に取り掛かるれもんの一同だが、その様子を見たイカ娘は・・・?
「遊ばなイカ?」
栄子の同級生、早苗が愛犬のアレックスを連れてれもんに遊びに来た。栄子がアレックスを可愛がる姿にやきもちを焼いたイカ娘は、犬と対等の扱いを要求するが、意図せず千鶴に犬として弄ばれてしまう。そんな様子を眺めていた早苗はイカ娘を自宅へ招くのだが・・・。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加