00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第1話

侵略しなイカ?/同胞じゃなイカ?/最強じゃなイカ?

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「侵略しなイカ?」
海水浴客で賑わう海の家れもんを切り盛りする相沢姉妹。そんな忙しない最中、次女の栄子の前に奇妙な格好の少女が現れる。三角帽子にウネウネした水色の髪の毛、真っ白なワンピース。自らをイカ娘と名乗る少女は人類を侵略するためにやってきた海の使者だという。現実感の無い言葉に取り合おうとしない栄子だったが、その態度がイカ娘の逆鱗に触れて!
「同胞じゃなイカ?」
海の家れもんでアルバイトをするはめになったイカ娘。こき使われ意気消沈していると、背後から忍び寄る影が。その影から逃げること適わず、触手を捕まれてしまうイカ娘。振り返ると、そこには好奇心に目を輝かせた少年の姿が…。
「最強じゃなイカ?」
雨降りで閑散としているれもん。肌寒さにくしゃみをしたイカ娘の口から、真っ黒な液体が長女の千鶴を襲う。その物体を千鶴が舐めると・・・旨み成分満点のイカ墨だった。人間がイカ墨をスパゲティにからめて食べることを知ったイカ娘は・・・。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加