00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第142話

厳命!井上織姫ノ救出ヲ禁ズ

SDレンタル100

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

グリムジョーの攻撃で重傷を負ったはずの一護が目覚めると、何故か傷がきれいに直っていた。霊圧のなごりから織姫が部屋に来たことを感じる一護。そこに日番谷が一護を呼びに来る。日番谷と一緒に織姫の部屋へ向かった一護は、集結していたルキアたちの様子がおかしいことに気付く。そこに尸魂界(ソウル・ソサエティ)からの通信が入り、モニターに登場した浮竹から恐るべき事実が語られる。「井上織姫は破面側に拉致、もしくはすでに殺害されたものと思われる」その言葉に一護は衝撃をうけ…。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加