00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第11話

人生のピークがきたんです

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

琉姫が進路希望調査票を出しみんなに書いたがどうかを問う、もちろんみんな第一志望は漫画家ではあるが第二志望を書かなければならない、琉姫は保育士、小夢はお菓子屋などおのおの一応考えてはいる。かおすは悩んでいると寮母さんが相談に乗ってくれる。寮母さんも漫画家を目指していたのだが断念しているのでかおすたちを誇りに思い、支えてあげたいのだと言われ頑張ろうと決めるかおす。次の日掲示板に退寮予定日が張られ眺める一同。そこで寮の倉庫を整理することに、倉庫整理をしているとするとかおすは壁の落書きを見つけ何かを決心したのである。翌日かおすは4つもネームを編沢に提出し、そのうち日常を描いたネームが掲載決定される。回想シーンが入り壁の落書きの内容へそこには漫画家を諦めなかった先輩たちがいた。こうしてかおすの進路は漫画家以外はないと決断したのであった。一方翼も同じく書いたのだがその後行われる三者面談に恐怖を感じていた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加