00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第156話

「黒い妖怪ウォッチ ~導かれしクズたち~ 一人目『ケータ』」「妖怪スピーチ姫」「コマさんコマじろうの日本全国もんげー旅 IN香川」

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「黒い妖怪ウォッチ ~導かれしクズたち~  一人目『ケータ』」
ちょっと悪そうなジバニャンとコマさんがある家の前でクズの匂いを感じ取った。ジバニャンとコマさんが首を伸ばすとそこにいたのは、読んでいるマンガに文句をつけているケータ(クズ)! ジバニャンとコマさんの登場に驚きつつもケータはゲスい顔でニヤニヤしている。さらにジバニャンとコマさんに、いちいちいちゃもんをつけるクズなケータ。そんな中、ジバニャンが取り出した『黒い妖怪ウォッチ』が、デカイ口を開けてケータを飲み込んだ…!!

「妖怪スピーチ姫」
授業でスピーチをしなければならないケータはちょっと緊張気味。クラスメイトもみんな緊張している。ところが、クマや、フミちゃんは教壇に上がった瞬間にスラスラと話し始め、説得力のある言葉で締め括りみんなを感動させてスピーチは大成功! そこにいたのは、スピーチを成功させる妖怪“スピーチ姫”! 世界中の大物のスピーチを成功させてきたスピーチ姫に頼んで、自分の番が来たらとり憑いてもらおうと企むケータ。いよいよスピーチ…と思った瞬間、予想しなかった出来事がケータを襲う!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加