00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第6話

丸刈りにしてきます

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

夏の夜、かおすが浴室でボーっとしていると窓の外に長い髪の女性がいることに気づき、絶叫していると翼、琉姫が心配して見に来る。かおすは幽霊を見たと説明していると小夢の悲鳴があわてて駆けつけるとそこにいたのはホラー漫画家怖浦すずであった。人間と分かっていても怖浦すずの存在が怖く逃げているかおすを嬉しそうに驚かす怖浦。しかしかおすは怖浦が不器用なだけの自分と同じと理解し仲良くなった。ある日の朝翼はネームが間に合わず徹夜明けだった。翼はアンケートの結果が良かったのがかえってプレッシャーに感じておりファンの声を直接聞きたがっていた。学校につくと翼は眠そうにしている一方でかおすは怖浦先輩や虹野先生をベースにキャラクターを作っていた。すると担任の虹野は自分がなにかをされていると気づき探りを入れていく、そこで眠そうな翼へ矛先が向けられなぜ眠そうなのか問い詰められ、虹野が翼の漫画のファンというのを知っていいたので翼は打ち明けるのであった。ようやく翼は直接ファンの声を聞けて満足になったのである。かおすはストーリーを練っていなくまたしてもボツになる。。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加