00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第137話

「妖怪かまいたち」「灼熱のアッチッチゲーム」「コマリーヒルズ青春白書 第5話 ショッピング」

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「妖怪かまいたち」
ふと背後に何かの気配を感じたケータだったが、振り返ってもそこには誰もいない…。ところが、ジバニャンが大きなカマを持ち、風のように通り過ぎていった妖怪を見たという! その正体は、風とともに現れ、巨大なカマで全てを切り裂くという古典妖怪の“かまいたち”だった!翌日、学校に現れたかまいたちは、突然ケータ達の靴下に穴を空け始めた!ええ!?かまいたちのすることってそんなこと!?しかし、その裏に隠された真の目的とは!?

「灼熱のアッチッチゲーム」
海水浴へとやってきた天野家。思いっきり海で遊んだケータが砂浜に戻ると…置いていたビーチサンダルがない!仕方なく裸足でお父さんお母さんのところに戻ろうと足を踏み出した瞬間、あまりの砂の熱さに思わず飛び上がる! この熱からは逃れられない、でも遅くなるとお母さんに怒られる…。さあ、どうする…? そこでケータが召喚したのは、こんな時こそ頼れる“ロボニャンF型”! ロボニャンF型の誘導に従って熱くないルートを進むケータだったが…無事にたどり着けるのか!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加