00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第136話

「トムニャンVS粉ものジャポン」「妖怪カメッパ」「コマリーヒルズ青春白書 第4話 パジャマパーティー」

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「トムニャンVS粉ものジャポン」
今日はお隣のジェリーの家が騒がしい。静かにしてもらおうと訪ねてみると、ジェリーはトムニャンと一緒にホットケーキを作って楽しんでいた。得意気にホットケーキの紹介をするトムニャンに対して、日本の粉物の素晴らしさを教えてあげようと、早速料理を始めるケータ。お好み焼きをはじめ、次々と作られる粉物にトムニャンは超感動! ジェリーもケータの作る粉物を食べ尽くしてテンションMAX! 果たしてトムニャンは、日本の粉物の素晴らしさを分かってくれるのか!?

「妖怪カメッパ」
温泉ランドの大浴場に浸かっていたケータ。突然トイレに行きたくなって、慌ててトイレに駆け込むとなんと床が水浸し! ウィスパーにスリッパを取りにいってもらうと、そこには1つもスリッパが見当たらない。それは、スリッパを雑に扱う人間に恨みを抱く妖怪“カメッパ”の仕業だった! スリッパには右と左のペアがあるのに、適当にスリッパを履く人間が許せないカメッパ。トイレにいきたいケータはそんなことお構いなしにスリッパを適当に履いてしまった!ケータに文句を言うカメッパ。 しかし、左右のカメッパに感動の再会が待っていた…!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加