00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第135話

「ヒーローショーにも妖怪がいっぱい」「妖怪たこうらみ」「コマリーヒルズ青春白書 第3話 クルージング」

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「ヒーローショーにも妖怪がいっぱい」
今日はイナホが待ちに待ったセラピアーズショー!会場は盛り上がる親子でびっしりと埋め尽くされている!周りをみると“アゲアゲハ”や“メラメライオン”、“ネタバレリーナ”たちたくさんの妖怪もやってきていた。嫌な予感がするUSAピョンとは違って、イナホのテンションは上がる一方。いよいよショーが始まると妖怪にとり憑かれた司会のお姉さんが、思わぬ行動に出た! さらに、妖怪にとり憑かれた出演者たちが、勝手な行動をしてショーは大変なことに!! 一体、セラピアーズショーはどうなるの!?

「妖怪たこうらみ」
みんなが楽しみにしている夏祭り! クマ、カンチ、そしてケータは浴衣姿のフミちゃんと合流して、いざ屋台へ! さっそく買ったばかりのタコ焼きを頬張るケータだったが、タコが入っていない! なんと店員が生地に入れたタコはすべて弾かれて、地面に落ちているではないか! それは、妖怪“たこうらみ”の仕業だった。実は、たこうらみの夢はタコ焼きになること。タコ焼きになれるタコが羨ましくて、嫌がらせをしていたのだ。それを聞いたケータはたこうらみが立派なタコ焼きになれるように、友だち妖怪を召喚してあげるが…!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加