00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第131話

「トムニャンとジェリー」「妖怪なぞトキ」「アンドロイド山田 第六話 無念」

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「トムニャンとジェリー」
ケータの家から豪快な笑い声が鳴り響く。笑い声の正体は、お隣に引っ越してきたジェリー。なんとジェリーは“トムニャン”のルームメイトだった!よく見るとジェリーが腕に着けていたのは、ケータも使っていた初代の妖怪ウォッチ。ところがジェリーは妖怪ウォッチの使い方を完全に間違っている! 正しい使い方を教えるために、“ジバニャン”を召喚するケータだが、ジェリーは召喚には一切興味ナシ!そのくせ、ちょっと強引な方法でジバニャンのメダルを手に入れてしまう。さらに新たなメダルを求めるジェリーのため、仕方なくケータは街を案内するが・・・!?

「妖怪なぞトキ」
「オレの消しゴム知らない?」 ケータのひと言を皮切りに、突然クマとカンチが刑事ドラマのように消しゴムの行方を推理し始めた。その後も何かあるたびに刑事になりきって推理する2人。実は、とり憑かれると謎解きを始めてしまう妖怪“なぞトキ”が二人に憑りついていた! 「名探偵の私に解けない謎はありません!」と豪語するなぞトキを倒すためにケータが召喚したのは、“サンタク老師”! 不正解のたびになぞトキの持ち物がサンタク老師の袋に吸い込まれていく! 果たして勝つのはどっちだ!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加