00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第128話

「イナウサ不思議探偵社 調査ファイル9『ボー坊』」「妖怪無茶ぶりっ子」「アンドロイド山田 第四話 孤立」

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「イナウサ不思議探偵社 調査ファイル9『ボー坊』」
探偵社へとやってきた“たらいまわし”の依頼内容は、なぜ“ボー坊”は「ソーセージ」というとキレるのか。早速調査を開始すると、ボー坊は「ソーセージ」と名のつくものには一切近づかない徹底ぶり。そんな中、USAピョンがついついボー坊の前で「ソーセージ」と言ってしまってボー坊は大激怒! ところが、ある言葉を叫ぶと、キレたボー坊の目から突然涙がこぼれた…!驚いたイナホとUSAピョンはその理由を聞くことになる。

「妖怪無茶ぶりっ子」
今日のフミちゃんはみんなに無茶振りをしては、ぶりっ子ポーズでキメている。そこにいたのは、無茶ぶりばかりをさせる妖怪“無茶ぶりっ子”! 無茶ぶりをされて困っている人を見て楽しんでいる無茶ぶりっ子に対抗するため、ケータは“砂夫”を召喚! どんな無茶ぶりも平気だと豪語するケータに、無茶ぶりっ子の無茶ぶりがはじまった! ところが、その壮絶すぎる無茶ぶり内容にウィスパーとジバニャンが悲しい結果に…。そして、最も強烈な無茶ぶりがケータに迫る!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加