00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第126話

「イナウサ不思議探偵社 調査ファイル7『モノマネキン』」「妖怪ひじょうぐち」「アンドロイド山田 第二話 焦燥」

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「イナウサ不思議探偵社 調査ファイル7『モノマネキン』」
USAピョンが2人!? と思ったら依頼人としてやってきた“ロボニャンF型”が、USAピョンのモノマネをしていたのだ。そんなロボニャンF型の依頼内容は、弟子である“モノマネキン”のモノマネが最近全然似ていないことへの調査。早速調査を開始すると、モノマネキンはなんと「おとうさん、おとーさん」と発声練習していた! マネキン工場で製造されたモノマネキンにお父さんは存在するのか!? ロボニャンF型とともに工場へ向かうイナホたち。するとモノマネキンの衝撃の過去が明らかに!!

「妖怪ひじょうぐち」
非常口の人のマークが動いたという話でフミちゃんたちが盛り上がっている。どうやら目撃した生徒が他にもたくさんいるらしい。そんな中、カンチがとんでもない写真を持ってきた。それは非常口から人型が消えて枠だけになっている写真!怪しむケータが妖怪ウォッチを照らしたその先には、妖怪“ひじょうぐち”が! なんと非常口の向こうでは、たくさんのひじょうぐちが、休憩所で思い思いの時間を過ごしていたのだ! すると、ある“ひじょうぐち”がケータにあるお願いをしてきた…!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加