00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第4話

くんずほぐれつランデヴー

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

琉姫が原稿を朝まで書いている姿を見たかおすは琉姫締め切りに間に合わず徹夜していることに気づいた。かおすもみんなが琉姫を心配していた。
しかし彼らは女子高生のため学校に行かなければならなかった、徹夜続きの琉姫はまともな学園生活を送れずほかの学生や先生に迷惑をかけてしまうみんなから昼寝を提案されるがぬいぐるみがないと寝れない琉姫。かおすを代わりに抱き寝てしまう。寮に戻ると琉姫をみんなが手伝おうとするが小夢もかおすも大人すぎる琉姫の漫画にノックダウン。。しかし琉姫がPC色付けをしようとするがPCが起動しない、それはモニターであった。普段PCを使っているかおすがここでようやく力を発揮する。締め切りも間に合いひと段落すると琉姫のサイン会が開催された。
しかし琉姫は自分の作品に恥じらいを感じておりサイン会を拒むが、寮母さんが琉姫をメイクで大人っぽくさせ琉姫はしぶしぶサイン会へ挑んだ。するとたくさんのすばらしいファンと通じて琉姫は漫画家になってよかったと実感できたのであった。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加