00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第99話

「イナウサ不思議探偵社VS怪盗コパン ねらわれた魔性の鏡」「妖怪せいでん鬼」「北斗の犬 第4話」

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「イナウサ不思議探偵社VS怪盗コパン ねらわれた魔性の鏡」
またしても怪盗コパンからの予告状が届いた!その内容は「国宝級の魔性の鏡をいただく」。そこへ額縁のようなフラフープのような妖怪が探偵社にやってきた。それは、鏡をコパンに盗まれた“うんがい鏡”だった!うんがい鏡は、心に穴があいたように不安だという。イナホは、心の穴を埋めようと、いつものようにアイデアを次々と繰り出す。すると、ノガッパやメラメライオンのように、うんがい鏡も何か大切な事に気づいた!
「妖怪せいでん鬼」
今、いちばん熱いのは静電気男子!そんなカンチの言葉に半信半疑なクマとケータ。ところが、フミちゃんがビビビッ!な運命の恋の話をしている!こうして始まったクマ、カンチ、そしてケータの静電気対決。しかしイマイチ静電気が弱いケータは、雷オトンが呼んでくれた“せいでん鬼”にお願いすることに。そして、静電気を帯びたケータがフミちゃんに近づくが…。ケータの体がとんでもないことに!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加