00:00:00
00:00:00
00:00:00

連続再生

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

再生開始から長時間経過した為、
視聴を停止しました。
リロードして再度再生して下さい。

お使いのブラウザでは
VRコンテンツをサポートしておりません。

視聴権限が無い為、
連続再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

このエピソードは現在視聴できません

別の端末から動画の再生を確認しました。
1つのアカウントで同時に再生できない為、
動画の再生を停止します。

レンタルする画質を選択してください

第201話

「妖怪オトナカイ」「妖怪ジャンクコシノ」

※視聴期限についてのご注意
レンタル後、30日以内にご視聴ください。
初めての再生から48時間以内は何度もご視聴いただくことが可能です。
※ 30日を過ぎてからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ 再生開始後、48時間でレンタルの視聴権利が切れ、それ以降のご視聴はできませんのでご注意ください。

このエピソードは現在視聴できません

「妖怪オトナカイ」
もうすぐクリスマス。ケータが今年はどんなプレゼントをもらえるのかと楽しみにしていると、鈴の音が聞こえてきた。サンタさんがフライングをしてやってきたのかと思い、ケータが空を見渡してみると、そこには無人のソリが。不思議に思い、妖怪ウォッチで照らしてみると、トナカイのような動物がいる。さらに、その動物はケータの部屋に上がり込んできて2本足で立ち上がり、服を着出した!それは普通のトナカイではなく、妖怪“オトナカイ”だったのだ。ハードボイルドな雰囲気を醸し出すオトナカイは、重労働なクリスマス本番がくる前に、あるサイコーなことをしてストレスを発散しているという。オトナカイが見せてくれるという、『オトナの世界』とは、いったい!?

「妖怪ジャンクコシノ」
フミちゃんが、体育の帽子を使って、男子ならお子様時代に誰もが見ると言われる特撮番組『ウシトラマン』のマネをノリノリでやりだした。これは間違いなく妖怪の仕業に違いない…と思ったケータが妖怪ウォッチで照らしてみると、妖魔界のカリスマファッションデザイナー、妖怪“ジャンクコシノ”がいた!ジャンクコシノは、“花子さん”や“しゃれこ婦人”も憧れる、B級ファッションを生み出す天才。靴下をドーナツのように足首まで丸めて履いたり、フードの紐を引っ張って顔を隠し、きんちゃく袋にしたり…など、小学生が好きそうなファッションはほとんどジャンクコシノが生み出したものらしい。そんなジャンクコシノだが、次に流行らせるファッションが思いつかずに悩んでいた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加