「NARUTO-ナルト-」劇場版シリーズ8作品が配信決定!

公開日: 2020.2.25 19:00

最新作「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」含む、「NARUTO-ナルト-」劇場版シリーズ8作品が
3月1日(日)0:00~配信決定!

数々の試練を乗り越え成長していくナルトの姿を「あにてれ」でお楽しみください♪
この機会をお見逃しなく!!

「劇場版NARUTO-ナルト- 疾風伝」あらすじ

かつて世界を破滅の一歩手前まで追い込んだ魔物が何者かの手によって復活した。
今回のナルトの任務は、鬼の国の巫女(みこ)・紫苑(しおん)を守ること。
紫苑には2つの特殊な能力がある。
1つは、復活した魔物を封印する力。もう1つは、人の死を予言すること。
今まで“死の予言”を一度もはずしたことはない紫苑が言う。
「ナルト、お前は死ぬ」
紫苑に死を予言された者が、死から逃れる方法はただひとつ。
それは、紫苑から離れること。
しかし、ナルトが紫苑から離れることは魔物を封印できる唯一の存在である紫苑の死、そして世界の破滅へと繋がる。
ナルトは絶対に避けられない“死の予言”に挑むが……。

「劇場版NARUTO-ナルト- 疾風伝 絆」あらすじ

突如、海上より飛来した忍者集団により奇襲を受ける木ノ葉隠れの里。目を見張る技術力と見境の無い恐るべき攻撃力…それは、かつて木ノ葉隠れの里に滅ぼされたはずの「空の国」の忍、「空忍」の仕業だった。
里の危機を知り、駆けつけたナルトたちの前に凄腕の医師・神農が現れる。時を同じくして、救援を求め、神農の弟子を名乗るアマルが木ノ葉隠れの里に辿りつく。どうやら、火の国の外れにあるアマルの村も何者かによる襲撃を受けたらしい。綱手の指令により海上にある空忍艦隊はシカマルたちに任せ、ナルトたちはアマルの故郷に向かう。突如、現れた空忍の目的は木ノ葉への復讐なのか!?
敵との闘いをかいくぐり謎の究明を急ぐ中、かつて袂を分かった友・サスケがナルトたちの前に姿を現す!

「劇場版NARUTO-ナルト- 疾風伝 火の意志を継ぐ者」あらすじ

雲、岩、霧、砂。四つの国を守る里の忍が行方不明になった。
血継限界の持ち主であった四人の忍を失った四つの大国は、疑惑の矛先を、唯一被害を受けていない火の国に向ける。疑心暗鬼に陥った大国が戦を仕掛けてくれば第四次忍界大戦はまぬがれない。
なんとしてでも真相を突き止めるように、火の国の大名から指令を下された綱手は決意を固める。
一方、一連の事件と時を同じくして、カカシが木ノ葉の里を抜けたことが判明する。
カカシが残した「鈴」に託された想い……。
忍がせめぎあうこの大陸は、五つの大国が攻撃に備えることにより平和が築かれていた。
今、その「かりそめの平和」が、今音をたてて崩れようとしている。

「劇場版NARUTO-ナルト- 疾風伝 ザ・ロストタワー」あらすじ

綱手から任務を受けたナルトは、サクラ、ヤマトとともに抜け忍ムカデを追い、
砂隠れにある廃墟「楼蘭」に辿り着いた。ムカデの狙いは廃墟地下深くに眠る龍脈だ。
決着をつけるべく廃墟の奥深くナルトは向かうが、
ムカデが解放した龍脈のエネルギーに飲み込まれてしまう。
意識を失ったナルトが目覚めると、見たこともない光景が広がっていた。天空にまでそびえるいくつもの塔に囲まれた街。
ここは、栄華の絶頂時代にある「楼蘭」の街なのだ!若き女王サーラは民に愛され、街は平和だった。しかし、謎の大臣アンロクザンが恐ろしい兵器を作っているという黒い噂が広がっていた……。 
大臣アンロクザンの正体は、この時代で再び龍脈のエネルギーを狙うムカデだった!恐るべき陰謀を知った三代目火影・猿飛ヒルゼンは、ミナト・チョウザ・シビ・カカシの四人一組に指令を下す!

「劇場版NARUTO‐ナルト‐ ブラッド・プリズン」あらすじ

脱獄か死か。
いわれなき罪により囚われたナルトは、脱獄不可能の監獄、鬼灯城(ほおずきじょう)に送られる。
城主の無為(むい)により忍の力を奪われたナルトに、近づく謎の囚人たち。
草隠れの暗部・竜舌(りゅうぜつ)、いわくありげなマロイ……果たして、彼らの目的は?
無実を主張するナルトは脱獄を繰り返すが、何者かに命を狙われる!
ほおずき―その花言葉は「偽り」。
凶気の城に隠された悲しき真実が明らかになる時、誇りをかけた忍たちの最後の闘いが始まる……。

「ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-」あらすじ

十数年前。仮面の男によって解放された魔獣・九尾に襲われた木ノ葉隠れの里は、壊滅寸前に追い込まれる。四代目火影・ミナトは妻・クシナと共に、自分たちの命と引き換えに生まれたばかりの息子・ナルトに九尾を封印したのだった。
それから時は流れ……。恐るべき忍の集団・暁により木ノ葉隠れの里が襲撃された。ナルトたち若い忍たちの活躍によりからくも迎撃に成功するのだが、一度死んだはずの暁がなぜ再び?
謎は残るも、危険な任務達成を家族にたたえられる仲間たち。しかし、親を知らぬナルトは一人寂しさを感じ…。まさにその時、突如、仮面の男が木ノ葉隠れの里に姿を現す。

「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」あらすじ

第四次忍界大戦終結から2年後…。
冬の祭典が迫る木ノ葉隠れの里。忍界大戦の英雄となったナルトは、共に成長してきた仲間たちと楽しい時を過ごしていた。そんなナルトをずっと見守ることしかできなかったヒナタの想いは、こっそり編んだ1本のマフラーとともに未だ届けられずにいる。
そんな中、謎の男の出現と共にもたらされた月の異常接近という緊急事態。男の名は大筒木トネリ。その正体はかつてナルト、そしてサスケと死闘を繰り広げたチャクラの祖・大筒木かぐやの子孫だった。ヒナタを執拗に狙うトネリの目的とは?
刻々と地上に近づく月から降り注ぐ隕石との壮絶な防衛戦の中、トネリを追うナルトたちに明かされた恐ろしき「真の最終計画」――ナルトは世界を、そして大切な存在を守ることが出来るのか?
原作者・岸本斉史がストーリー総監修を務める、「原作のその先」の物語。

「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」あらすじ

七代目火影・ナルトの子にして忍の才能を持つボルトは、多忙が故に家族と過ごせない父親を忌み嫌っていた。
ボルトは父親を超えるべく、サスケに弟子入りを懇願。サスケはある条件付きで師匠となることを約束する。
そして新たな忍を育てる「中忍選抜試験」が開催されようとしていたその時、姿を現したのは…。
製作総指揮・岸本斉史が「これ以上のものは描けない」と断言するシリーズ最高傑作が今、放たれる!

©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ ©劇場版NARUTO製作委員会 2007
©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ ©劇場版NARUTO製作委員会 2008
©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ ©劇場版NARUTO製作委員会 2009
©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ ©劇場版NARUTO製作委員会 2010
©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ ©劇場版NARUTO製作委員会 2011
©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ ©劇場版NARUTO製作委員会 2012
©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ ©劇場版NARUTO製作委員会 2014
©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ ©劇場版BORUTO製作委員会 2015


関連タイトル

関連リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加